無線LANと有線LANの違い

有線LANと、無線LANの違いとは、その名のとおり、機械をつなぐケーブルがあるかないかです。
LANとは、ローカルエリアネットワークの略で、コンピュータ同士や、インターネットとコンピュータなどをつなぐ限られたエリア内でのネットワークという意味です。
それを、LANケーブルを使ってつなぐのか、電波を飛ばして無線でつなぐのかという違いと言えます。

家庭で利用する場合、インターネットをパソコン一台のみでつなぐ場合は、有線LANで充分と言えます。
しかし昨今、スマートフォンの急激な普及により、一人一台スマートフォンを持つ時代となっています。
家庭内でも、高校生以上ともなれば、一人一台はスマートフォンを持っている事も多いでしょう。
一度に、複数台で、インターネットなどに繋ぎたい場合は、無線LANが有効と言えます。
スマートフォン以外にも、ゲーム機や、ネットにつなげる家電なども多数発売されており、インターネットを利用できる環境を整える場合には、無線LANを選択することが多いと言えます。
有線でつなぐ場合だと、他の家電や、壁などの障害物に電波を干渉されにくく、大量のデータなどもスムーズに送信できる事ができます。

無線でつなぐ場合は、一度にたくさんの機器にネットなどをつなぐことができるので、LANに利用したい機器が多い場合などには特に便利といえます。
コンピュータと、インターネットをつなぐルーターには、無線でつなげる場合の他に、有線でつなぐことのできるタイプもあるので、どちらも対応してるものを選んで、必要に応じて有線、無線を選択する使い方も出来ます。



≪TOPIC≫
スマートフォンやゲーム機を繋げるポケットwifiに関する様々な情報を紹介しているサイトです ... ポケットwifi